スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【編制】空中強襲旅団 ヘリコプター連隊

軍板住人ならこんなの簡単だよな 第2戦術教官室
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1231637057/


769 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:46:52 ID:???
>766
そのあたりの増強も大隊が独立的に行動するのであれば増強が必要な部分だと思います。
で、空中強襲旅団ですか?ちょっとまってくださいね(がさごそ・・・)

ミリタリーバランス89-90/91-92によると
空中強襲旅団(歩兵大隊x4、砲兵、SAM、対戦車、各種支援部隊)
とありますが、95-96では消滅。
空挺旅団、攻撃ヘリコプター連隊、強襲輸送ヘリコプター連隊にばらけてしまったようです

770 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:57:02 ID:???
参考までに80年代の赤軍ヘリ部隊の編成を

ヘリコプター輸送連隊
 連隊本部
 飛行支援隊
  (通信小隊、地上統制小隊、飛行小隊=多用途班4機、予備班10機)
 中型輸送中隊x2~3
  (4個小隊(各4機)
 大型輸送中隊x1
  (3~4小隊(各4機)
 飛行技術大隊

攻撃ヘリコプター連隊
 連隊本部
 飛行支援隊
  (通信小隊、地上統制小隊、飛行小隊=多用途班 ハインド6機、予備班16機)
 攻撃ヘリコプター中隊x4
  (4個小隊(各4機))
 飛行技術大隊

独立攻撃ヘリコプター連隊
 連隊本部
 飛行支援隊
  (通信小隊、地上統制小隊、飛行小隊=多用途班 汎用機x4、ハインドx2、予備班汎用機x4、ハインドx12)
 攻撃ヘリコプター中隊x3
  (4個小隊(各4機))
 輸送ヘリコプター中隊x1
  (4個小隊(各4機)
 飛行技術隊
 飛行技術大隊
スポンサーサイト

【編制】80', 90'自動車化狙撃大隊

軍板住人ならこんなの簡単だよな 第2戦術教官室
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1231637057/

765 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:42:29 ID:???
唐突に第2梯隊発進w

「1980型」自動車化狙撃大隊(ソ連地上軍他)

大隊本部
 自動車化狙撃中隊x3
  (本部、狙撃小隊x3)
 迫撃砲中隊x1
  (本部、前進観測班、通信班、輸送班、迫撃砲小隊(120mmMx2)x3)
 対戦車小隊
  (ATMx2、SPGx2、RPGx2~4)←※BTR大隊のみ、BMP大隊では編成されない。
 通信小隊
 防空班(SA7x3)
 補給小隊
  (輸送班、炊事班、補給管理班)
 整備小隊
 治療班

さて、これが90年代にいくと…  

766 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:04:16 ID:???
「1990型」自動車化狙撃大隊(Panzer96/1号)

大隊本部
 偵察小隊
 自動車化狙撃中隊x3
  (本部、狙撃小隊x3、対戦車班、擲弾班(AGS-17))
 迫撃砲小隊x1
 対戦車小隊x1(ATMx6)
 擲弾小隊x1(AGS-17x3)
 通信小隊
 防空小隊
 統制小隊
  (通信班、斥候班、戦闘支援班)
 輸送小隊
 整備小隊
 衛生小隊

迫撃砲が小型化していますが、擲弾班&小隊が新設されています。
AGS-17はアフガン戦争で、その威力が実証され一気に広まったようです。
この自動擲弾のおかげで、近接域の直射制圧火力は大幅にUPしたと見てよいと思います。
これが迫撃砲が縮小された理由ではないかと推測。

また偵察小隊の新設が注目されます。
従来は師団および連隊が偵察部隊を持っていただけでしたが、大隊内に偵察小隊が常設されています。
これは、大隊の独立行動能力の強化に他ならず、アフガンやチェチェンといった、
従来に比べて小分けされた部隊投入に対応できるようにしたものではないでしょうか?

最近は下級部隊の偵察および火力増強により、連隊以下の分遣行動能力が以前にくらべ上昇している
と考えてよいのではないでしょうか?

767 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:17:25 ID:???
>>766
衛生科が班から小隊になっていたり通信関係が増強されているように見えるのも
チェチェンやアフガンの戦訓なんでしょうか?
あと質問ばかりで申し訳ないのですがソ連の空中強襲旅団の編成のわかる資料って
なにかないでしょうか?

769 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:46:52 ID:???
>766 ※>>767へのアンカミス
そのあたりの増強も大隊が独立的に行動するのであれば増強が必要な部分だと思います。
で、空中強襲旅団ですか?ちょっとまってくださいね(がさごそ・・・)

ミリタリーバランス89-90/91-92によると
空中強襲旅団(歩兵大隊x4、砲兵、SAM、対戦車、各種支援部隊)
とありますが、95-96では消滅。
空挺旅団、攻撃ヘリコプター連隊、強襲輸送ヘリコプター連隊にばらけてしまったようです。

822 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/09/04(金) 18:41:08 ID:???
>>766
統制小隊がよく分からない。本部とかぶりそうな気もするし、斥候班は偵察小隊の役割とどう違うんだろ。
戦闘支援班も分からない。
それと、迫撃砲中隊が小隊になって、前進観測班などがなくなってるが、その役割を統制小隊がやるの?

825 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/05(土) 09:02:56 ID:???
>822
すいません、90年代編制に関してはこれ以上詳しくは書かれていませんでした。
ちなみに統制小隊は図では「CONTROL」と表記されています。
また80年代大隊の本部は将校6名、下士官兵8名に過ぎないので、この統制小隊が本部小隊と考えるのは難しそうです。

では、これが何なのか…

ソ連地上軍によると、大隊以上の指揮所は前方指揮所、主指揮所、後方指揮所が設置され、指揮官は前方指揮所(つまり本部はそこ)にいますので、参謀が指揮する主指揮所、および、後方部長が指揮する後方指揮所を設置する為の部隊ではないかと…
もし、この統制小隊がそうであれば、このあたりも増強されてる事になるので、やはり大隊での独立行動能力の強化と考えられるかもしれません。

まあ、普通に火力統制小隊の可能性も十二分にあるのですが…
(この場合も独立行動能力の強化となりますがw)

さて、どっちでしょうかねぇ…

>823>824
独立小隊ということは、本部直轄という事なので、実質本部中隊所属と考えるのと同じ事です。

なので、別に生存性とか無関係と思われます。

826 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/09/05(土) 13:00:51 ID:???
>>825
>本部直轄という事なので、実質本部中隊所属と考えるのと同じ事です。
てことは、中間結節をおかずに大隊本部で直接管理ってことやね。
恒常的な管理業務とかは中間結節置いてまかせちまった方が楽だろうに。

827 名前:名無し整備兵[sage] 投稿日:2009/09/05(土) 14:01:43 ID:???
>>825

 Traffic Control Platoonと書かれている資料も有りますね。交通統制小隊です。
 これだけ車両数が多いと、後方における道路の使用も大変なのでしょう。

 指揮所を設置して司令部機能を確保するのは、通信小隊のお仕事になります。
 また、火力統制は、通常、砲兵部隊指揮官が行うことになります。

837 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/06(日) 00:53:23 ID:???
>826
旧ソ連の指揮部隊は西側にくらべて非常に小さいのが特徴となっています。
なので中間結節は各指揮所の指揮者に依存ということなのではないでしょうか?
また指揮所が常時分割されるので、中間結節があってもあまり管理できないのかも?

>827
なるほど、Trafic Control ですか。
でも戦務支援とかもあるので、後方指揮所あたりは含まれるような…
まあ、後方の交通統制も含むということなのかもしれせんが。

で通信小隊が主指揮所の中心になるのでは?

前方指揮所は、大隊長の指揮車そのものですしw

842 名前:名無し整備兵[sage] 投稿日:2009/09/06(日) 01:21:31 ID:???
>>837

 「戦闘支援班」となってますよね?P誌の訳では。
 それは妖しいとしても、交通統制部隊が指揮系統の通信を行うのはおかしいです。
 せいぜい、MSRや連隊段列と大隊段列の間の交通を統制するのが、能力的にも精一杯でしょう。

843 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/06(日) 01:54:06 ID:???
>842
>MSRや連隊段列と大隊段列の間の交通を統制

大隊後方指揮所が統制するのは大隊段列から各中隊への再補給です。
そしてこの後方指揮所が、あらゆる後方業務を担当するようです。

つまり後方指揮所は戦闘指揮所ではないのです。
よって指揮系統の通信ではなく、兵站業務の通信を行うと…

(戦闘指揮は前方と主指揮所(師団以上は予備指揮所も設置)

【ソ連地上軍】によると、連隊から大隊の兵站支援部隊に前送され、大隊の後方科長が各中隊に再補給を指示するとあります。
なので交通統制部隊でも上級の後方指揮所や再補給先の中隊と独自に通信を行う必要もあるのではないでしょうか?

(後方部長(科長)=技術担当副指揮官が兼務)
(大隊の場合は大隊本部の技術担当大隊長代理(大尉または中尉)が兼務)


844 名前:名無し整備兵[sage] 投稿日:2009/09/06(日) 02:07:07 ID:???
>>843
>兵站業務の通信

 だから、交通統制小隊に通信班があるんでしょう?

845 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/06(日) 02:14:47 ID:???
>844
ただ、1個疑問が残るのです・・・

統制小隊の斥候班はなにするんでしょう?
車列の先導?警備?

まさか、行方不明者(迷子)の捜索www

(旧ソ連の演習で迷子は非常によくある事だそうで…orz)
(戦車縦隊が2個まるごと迷子とか、迷子になった部隊が、演習を監視してた米軍に道聞いたりとかw)


846 名前:名無し整備兵[sage] 投稿日:2009/09/06(日) 02:22:12 ID:???
>>845

 P誌の編成が正しいとして・・・

 交通統制小隊に斥候班があるとしたら、その目的は「ここにちゃんと中隊があるよな?」と探すことかと。
 戦線が鋸歯状になっている状態で、「この道はまだ危ない、こちらの経路を」と誘導するためには、
それなりの部隊が必要だと思いますよ?

848 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/06(日) 02:43:20 ID:???
>846
確かに。
前送式では取りにくる訳じゃないですからね。

或る意味、迷子の捜索であってるんだ。。。
後方指揮所(親)からすれば、中隊(子)の迷子ですから…
しかも、迂回やらなにやら、どんどん子供は勝手に進んでしまいますからww

(しまいにはお腹すかせて座り込んで泣きじゃくる羽目に・・・あ、擬人化するとちょっと萌えるかもww)

急進による機動戦を補給推進方式でやる為ならではの問題ですね。

873 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/09/07(月) 20:06:26 ID:???
>>765-766
「1980型」にあった補給小隊が「1990型」ではなくなったけど、輸送小隊に変わったの?
炊事班、どこに行ったw

875 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/07(月) 20:39:28 ID:???
>補給小隊
輸送部隊が班→小隊に増強されたので、統制小隊と輸送小隊に分かれたのかもしれません。
(で、補給管理班→統制小隊に)

>炊事班
後方指揮所があらゆる後方業務を一括管理するなら、
戦闘支援班に内包されちゃったのかもしれませんね。

ということは…
統制小隊はおべんとうを作ってもってきてくれる
隣に住む幼馴染の学級委員長ということですね><

877 名前:緑装薬4 ◆8R14yKD1/k [] 投稿日:2009/09/07(月) 22:15:18 ID:EWmt8PYz
製パン隊、製パン隊わぁ?

878 名前:名無し整備兵[sage] 投稿日:2009/09/07(月) 22:45:05 ID:???
>>875

 常識的に考えれば、交通統制部隊が補給関係を律することはありません。

 製パン隊が連隊以上に統合されて、大隊以下はレーションを温めるしかなくなったか、あるいは編成表で
略されてしまったかのいずれかでしょう。

【編制】51', 80', 90'自動車化狙撃師団 師団NBC防護大隊 連隊NBC防護中隊

軍板住人ならこんなの簡単だよな 第2戦術教官室
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1231637057/

753 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 11:10:56 ID:???
90年代のロシア改編後の自動車化狙撃兵大隊の編成資料入手w
(乗り物倶楽部でPanzerとミリタリーバランス90/91と新防衛論文集「海上戦力の形成」を入手)
(Panzerは冷戦直後の各国の編制混乱期である96/1号で、当時の各国編制計画状況の紹介記事)
(これと、以前入手のミリタリバランス95/96を合わせれば、混乱期の編制状況がある程度把握できそうですw)

さて、これで自動車化狙撃兵の70年代/80年代/90年代の資料が揃ったので
このスレで変遷の考察でもしますかね。(編成スレも落ちてますので…)

EM規制があけたらですが…
(この間、数日規制あけたのに…またです。まだまだ夏休みだなぁw)

756 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/27(木) 23:05:48 ID:???
よし!規制あけw でわ、まずは

「1951型」自動車化狙撃師団(Toward Combined Arms Wafareより)

師団本部中隊
 自動車化偵察大隊x1
 自動車化狙撃連隊x3
  (装甲偵察中隊x1、自動車化狙撃大隊x3、戦車大隊x1、砲兵大隊(76.2mm)x1、防空中隊(MG)x1)
 戦車連隊x1
  (戦車大隊x3、駆逐戦車大隊x1、自動車化狙撃大隊x1、防空中隊(MG)x1)
 重戦車連隊x1
  (装甲偵察中隊x1、重戦車大隊x1、襲撃砲大隊(100mmSP)x2、狙撃兵大隊(SMG)x1、防空中隊(MG)x1)
 砲兵連隊(122mmH)x1
 迫撃砲連隊(120mmM)x1
 多連装ロケット中隊x1
 防空大隊x1
 工兵大隊x1
 通信大隊x1
 師団段列(自動車化)x1

14244名 戦車x176 重戦車x21 自走砲x63 砲x54

※重戦車連隊に注目、しかも狙撃兵が自動車化ではなくSMG…これはデサント用かwww

757 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/27(木) 23:37:52 ID:???
「1980型」自動車化狙撃師団(防衛白書/ソ連地上軍他)

師団本部中隊
 装甲偵察大隊x1
 自動車化狙撃連隊x3 (BTR連隊x2、BMP連隊x1)
  (装甲偵察中隊x1、自動車化狙撃大隊x3、戦車大隊x1、砲兵大隊x1、対戦車中隊x1、防空中隊x1、工兵中隊x1)
 戦車連隊x1
  (装甲偵察中隊x1、戦車大隊x3、自動車化狙撃中隊x1、防空中隊x1、工兵中隊x1、NBC中隊x1)
 独立戦車大隊x1(4~5個戦車中隊)
 対戦車大隊x1(ATM&牽引砲)
 砲兵連隊x1
  (155mm大隊x1、122mm大隊x2) ※自走と牽引が混合(部隊による)
 多連装ロケット大隊x1
 FROG大隊x1
 防空大隊(SAM)x1
 工兵大隊x1
 通信大隊x1
 NBC防護大隊x1
 航空中隊x1(ヘリx6)
 輸送大隊x1
 整備大隊x1
 衛生大隊x1
 師団段列x1

13000名 戦車x266 BMPx112 BTRx210 砲x108

※多分、我々が一番よく知る編制時期。重戦車が独立戦車大隊と対戦車大隊になります。
 またFROGや砲兵が強化され、BMP化連隊が登場。まさしく黄金期。


758 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/27(木) 23:52:18 ID:???
「1990型」自動車化狙撃師団(ミリタリーバランス89/90、90/91、95/96他)

師団本部中隊
 装甲偵察大隊x1
 自動車化狙撃連隊x3 (BTR連隊x2、BMP連隊x1)
  (装甲偵察中隊x1、自動車化狙撃大隊x3、戦車大隊x1、砲兵大隊x1、対戦車中隊x1、防空中隊x1、工兵中隊x1、NBC中隊x1)
 独立戦車大隊x1(4~5個戦車中隊)
 対戦車大隊x1(ATM&牽引砲)
 砲兵連隊x1
  (155mm大隊x1、122mm大隊x2) ※自走と牽引が混合(部隊による)
 多連装ロケット大隊x1
 FROG大隊x1
 防空大隊(SAM)x1
 工兵大隊x1
 通信大隊x1
 NBC防護大隊x1
 航空中隊x1(ヘリx6)
 輸送大隊x1
 整備大隊x1
 衛生大隊x1
 師団段列x1

※ソ連が消滅し、ロシアになり、さらにCEF条約の為、戦車連隊がすっぱりと消えました。しかし【独立】戦車大隊は残ります。
  ここで注意しなくてはいけないのは、戦車連隊→戦車大隊への縮小では無い事です。
 あくまでも独立戦車大隊の任務は変わっていないと思われます。
 つまり従来の戦車【連隊】の任務を行う訳ではないようですので、ここで混乱しやすそうなので注意。
 あくまでも名称から【独立】のままである事に注目したいかと。

 今後の議論でも「戦車連隊」と「独立戦車大隊」は混乱のもとになる可能性が高いので要注意。
 自動車化狙撃師団で戦車連隊がでた場合、それは自動的に80年代以前のソ連時代だけを示すことになります。
 この連隊消滅あたりが、最近の記事でロシアの戦車が基本的に大隊数で語られてた理由でもあると思われます。
 

759 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/28(金) 00:30:06 ID:???
上記のように大きな変更はありませんが、確実に変化はしています。
また、ソ連式は従来から、工兵や補給などの支援が弱いとされていますが、それは違います。

工兵に関しては、各連隊、大隊に編制で必要量が既に組み込まれており、西側にように「必要に応じて」配属ではないのです。
(これは砲兵も同様、各連隊にまで編制されているので、師団砲兵以上の砲兵戦力を持っています。
 つまり砲兵連隊は普通に見えますが、その他にも砲兵大隊が隠されていることに注目、さすがは砲兵の国w)

その大きな理由としてはソ連軍の極度の速度戦指向があると思います。
行軍隊形からの応急攻撃の準備時間が
師団で120~240分(計画作成時間60~120分)
連隊で60分~180分(計画作成時間30~50分)
大隊で25分~60分(計画作成時間20~45分)

これを満たすには正直、配属を「待つ」という事はできません。既にその時点で「配属されている」事が必要だと思われます。

また補給も西側のように補給を集積しそこに取りに来るのではなく、上級部隊(軍団)がどんどん送り出し前線で受領する
推進方式であるので、作戦部隊自体は数日分を持ち、ひたすら進撃するだけです。
まあ、補給がきれたら、そこで止まって後続が追い抜くのもありますし、推進方式の究極として最悪の場合
大型ヘリによる燃料輸送(その為の専用装備もあります)も多用させるようです。

さらに、ソ連戦車は外部予備タンクに見られるように、最初から十分な燃料を自分で搭載しておけるように設計されていることは秘密ですw
なので、追送の基本は弾薬が中心(食料も各自持参状態w、作戦期間は1週間前後なので不可能な量ではない)
(400~600km前後、つまりは理論的には燃料補給不要ということ。方面軍の作戦進出目標は300~500km)

768 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:23:28 ID:???
さらにOMG進発

なお、BMP連隊とBTR連隊の運用について誤解される事が多いように思えます。
一見、突破衝力が必要に見える第1梯隊にBMP、後続の第2梯隊にBTRとなりそうですが…
実は、逆のようです。

諸戦において重防御の戦線に突破口を開けるのは、下車戦闘が主軸になると考えられます。
さらに、第1梯隊の進出目標は中間目標までなので、実は進出距離が短いです。

つまり、突破衝力の持続より、地道な下車戦闘による陣地制圧がより重視されるという事です。

それに対し、第2梯隊は、第1梯隊を超越し、最終目標まで進出する訳です。
もちろん、突破衝力の長期の持続や遭遇戦対処能力、乗車戦闘能力が求められるのです。

つまりここで必要なのは戦車とBMPという事になります(さらに浸透するOMGも同様)

注意は、西側のように、先頭集団が突撃し突破、その後を後続の歩兵が制圧…ではないという事。
先頭が突破口啓開と制圧を同時に行い、あくまでも後続が突破進出するという流れ。
(実は、これ独装甲捜索大隊の突破浸透要領に近いのは秘密です)



それにしても急用で明日のお勉強にいけないのは残念至極…
一刻も早く認識を修正してておかないと…どんどんフルンゼとしてのの認識が広まってしまうではないですか!
これはコミンテルンの陰謀に違いない、そうだそうに決まってる!!11!!

773 名前:だよもそ[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 18:42:58 ID:???
>756
ぱぱー 何だったか忘れたけど(たしか独ソ戦全史

攻撃時の一個歩兵連隊だか大隊の損害見積もりは5割を切ることはなかったらしいよ?!

774 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 20:47:26 ID:???
戦車連隊、砲兵ないんだ……

775 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/29(土) 23:36:39 ID:???
>773
ですから最後の勝利に必要な損害は許容されるのです!です!

>774
基本は上記ですが、80年代の東独駐留部隊の戦車連隊の一部には
122mm自走砲大隊が増派されてたのは秘密です。

777 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/30(日) 00:55:05 ID:???
>773
マジレスすると…

後続が超越して進出するソ連式では、正直なとこ…第1梯隊がいくら損害をだそうと、
壊滅寸前に陥ろうと、師団なり軍団/軍の目的達成は可能なのです。

そして、その方が最終的に軍全体の損害は少ないという統計があるらしいのも秘密です。

でも損害を抑える為の努力をしない訳では決してありません。
しかし、その努力をした上で、最終勝利の為に、1個や2個の連隊、師団が全滅しようとも、
それは作戦術上、許容すべき損害とされる…ということで。

それは無駄な損害ではないのです。
その損害を受ける事で作戦が成功するのであれば…

ちなみに無駄な損害を出したとみなされた場合、その指揮官は階級を剥奪され…

784 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/08/31(月) 18:58:33 ID:???
>>758
連隊内NBC中隊って何すんだろ。要るから居るんだろうけど。

785 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/31(月) 19:04:33 ID:???
>784
対NBC作業。対NBC警戒とか、機材除染とか、対NBC機材の管理運用。
正確に書くとNBC防護中隊

師団にも大隊がありますが、連隊にも中隊常備。
理由は上に書いたように、必要になってから送るのでは間に合わないからではないかと。
(普通、西側は師団にNBC大隊で、そこから各旅団や連隊に配属が多い)

786 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/08/31(月) 19:05:22 ID:???
後で装備調べときます。

788 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/01(火) 00:07:31 ID:???
でわ。

師団NBC防護大隊
 本部
 人員除染中隊x2
 装備品除染中隊x1

連隊NBC防護中隊
 (35名、BRDM-rhkx2、除染車x2~3、トラックx2)

ソ連軍は一時的使用を含め化学剤の使用と普通の事と認識してました。
つまり、自分達で使った化学剤を、自分達で除染する機材が、各級部隊で必須という事。



789 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 19:44:25 ID:???
>>788
>自分達で使った化学剤を、自分達で除染
やはりそういうオチかw
しかし連隊内にNBC中隊を組み込んだなら、師団下のNBC部隊は、大隊より小さくてもいい気がする。
西側よりNBC部隊の人数が多い事になるけど、これも自分達が使うから大隊が必要なのか。
それとも西側師団下NBC大隊に比べ小規模な大隊なのか。

790 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/01(火) 20:24:46 ID:???
>789
師団のNBC防護大隊が除染すべき部隊は軽く数えても15~16個大隊相当ありますよん。
連隊NBC防護中隊が除染するのは6個大隊相当ですから…3個中隊、妥当じゃないですかね。

 師団本部中隊
 装甲偵察大隊x1
 独立戦車大隊x1(4~5個戦車中隊)
 対戦車大隊x1(ATM&牽引砲)
 砲兵連隊x1
  (155mm大隊x1、122mm大隊x2)
 多連装ロケット大隊x1
 FROG大隊x1
 防空大隊(SAM)x1
 工兵大隊x1
 通信大隊x1
 航空中隊x1(ヘリx6)
 輸送大隊x1
 整備大隊x1
 衛生大隊x1
 師団段列x1


791 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 20:59:32 ID:???
>>790
では西側NBC部隊が小規模という事か

792 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/02(水) 00:46:32 ID:???
>791
陸自の師団付化学防護小隊(30名)
米軍の86ROAD師団にNBC防護中隊、大隊にNBC小隊ですからね。

師団NBC防護大隊に150名の将兵と除染車両50輌近くを保有する旧ソ連編制は圧倒的ですねw
ちなみにソ連はさらに軍には専属のNBC防護大隊、方面軍にNBC防護旅団が付きますのでw

どうみても、使う気まんまんですねwww

793 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/09/02(水) 00:49:14 ID:???
アフガニスタンでも、西側のプロパガンダにもかかわらずBC兵器は使ってなかったんでしょ。

794 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/02(水) 01:00:23 ID:???
>793
BC兵器は、あいてが居て集中してる所に使うものですよ。
アフガンで使いどころがないです。

ちなみに化学兵器は虐殺用兵器ではありません。
敵の組織的行動を麻痺させる事こそが目的です。
(実は相手は死ななくてもOK)

そして敵の行動が麻痺してる間に蹂躙です。

うらー

ソ連の90年代のカテゴリー状況

※西ドイツ80' 90' の一部抜き出し

陸戦部隊の編成・編制・編組について語るスレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1159261012/
346 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2007/01/01(月) 23:36:35 ID:???
さて90年代のカテゴリー状況ですが

カテゴリーA(充足75%以上)
独立軍団x1、戦車師団x24、自動車化狙撃兵師団x24、空挺師団x6、空中強襲旅団x10

カテゴリーB(充足50~75%)
戦車師団x20、自動車化狙撃兵師団x32、空挺師団x1

カテゴリーC(充足20~50%)
戦車師団x9、自動車化狙撃兵師団x97

ざっくりこんな感じ

BCをAに格上げするには200万人ほど必要だったらしいです。

>340
あ「ざ・ソ連軍」もってるんだ、いいないいな。
私、上巻しかないし、読む時間もないし…orz
プロフィール

crimson_icicle

Author:crimson_icicle
軍事戦略・戦術を勉強中、まる

記事は追加・修正することが多々あります。
大きく追加・修正した場合はtwitterで通知(手動)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。