スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本陸軍】歩兵団について

陸戦部隊の編成・編制・編組について語るスレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1159261012/


238 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/21(木) 22:31:26 ID:???
旧日本陸軍の3単位師団に見られた「歩兵団」という組織は、
確たる戦術的狙いがあって設けられたものなのでしょうか?
単なる旅団長ポスト削減への対応?
史実では支隊指揮で便利に使われてる印象ですけど。

242 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2006/12/23(土) 19:11:13 ID:???
>238
>歩兵団
歩兵団は日本の師団編成が4単位(4個連隊=2個旅団)から3単位(3個連隊)に改編される際に生まれています。
ということで通常、歩兵旅団は2個連隊からなりますが、歩兵団は3個連隊からなっています。

確かに旅団の代わりと言う事で、ポスト対策の意味もあったでしょうが、
従来の師団が2個旅団と言う事で、運用的に2分割される事が多かったのは容易に推測できます。
となると、3単位師団でもしばらくは2分割運用を続ける可能性が高かったのではないでしょうか?
(教義の変更はそう簡単には…)

さらに日本の想定戦場は南方だったり大陸だったり広範囲にわたり、師団の分散運用も多かったと思います。
大陸では、その広さから、南方島嶼では、海洋や山岳による地形的分断もあり師団の指揮管制も大変だったと思います。
従って支隊として諸兵科連合部隊を編成し分派するにあたり師団司令部の代理の必要性もあったのではないでしょうか?
でここに歩兵団司令部がちょうど良いと…

まあ、ここで疑問としては連隊を支隊司令部にしなかった事ですが…
従来の連隊は今まで、あくまでも旅団指揮化にあり、各司令部の能力、機能、訓練、経験など
師団支隊とまで拡大するのに役不足だったのではないかと…
で、改編時は戦時中であり、自体の逼迫している状況下で、今から連隊の訓練をしている時間などないのですから、
せかっく十分な能力のある旅団司令部組織があるのならば、そのまま使おうという考えだったのではないかと
私は邪推してますw
(で、歩兵団にならなかった司令部組織は増設師団の基幹組織や独立旅団にして戦略単位の増加に…とかねw)

243 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 19:54:04 ID:???
そういえば旧軍の聯隊には陸自のそれと違って参謀(幕僚)がいないもんね
独立して行動するのに必要な指揮能力は団以上が持ってて、聯隊は今でいう大隊に近い運用がされていたのかね

244 名前:会話人[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 20:44:43 ID:???
中隊長だって、下手すると小隊長レベルのことをやってたからねえ。
勝俣大尉の手記を読んでも、火力統制よりも歩兵の先頭先導を求められていたように読んだ

245 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 20:47:38 ID:???
日本以外では、歩兵団に相当する司令部って存在しないの?
戦略単位の違いや、師団規模の違いも影響してるのかな?

246 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 23:09:45 ID:???
>連隊を支隊司令部にしなかった

いわゆる海洋編制師団は砲兵連隊・工兵連隊・輜重兵連隊・衛生隊
などを解体して歩兵連隊の編制内に分属させる「支隊編制」に改編
されましたが、これには賛否両論があったようです。

元第43師団参謀の神野敏夫少佐(サイパン派遣前に転属)の手記
(戦史叢書「中部太平洋方面陸軍作戦<1>マリアナ玉砕まで」から引用)

予め準備した関係上第43師団の動員は順調に進んだ。
編制は島嶼守備に適応する如く、歩兵連隊内に砲兵大隊、工兵中隊
を含むこととなり…(中略)…斯様な編制は一見よい様に見えるが果
たして如何(どうか)と思う節もないではない。
と言うのは歩兵連隊長が一躍諸兵連合の部隊長となって戦場に赴く
という事である。勿論軍隊区分でもその通りであるが、歩兵連隊長は
平時から諸兵連合の部隊長として必ずしも訓練される機会にめぐま
れてはいないのである。

247 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 23:20:43 ID:???
この辺疑問なんだが、臨時に砲兵を配属した場合なんかは、
もともと歩兵指揮官が砲兵の指揮もとるわけではないの?

248 名前:会話人[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 23:25:47 ID:???
砲兵を配属したものの砲兵情報部隊がなくて…って言う話があったような。

250 名前:会話人[sage] 投稿日:2006/12/23(土) 23:44:18 ID:???
軍団編成が存在していなかったし、師団を解体…とまでは言わないまでも、分離して運用したがる傾向があったし、
連合部隊の運用に不熱心だったような気はする

251 名前:ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 00:02:50 ID:???
>>242
歩兵団司令部の人数(時期によって異なるようですが、8名前後)からすると、
資材とかスタッフの面で上級司令部を置く、という意味合いではないような。


とすると、師団を支隊として分派したりする際の役職上の問題なのか?
このあたりのことって、自分でもちゃんと調べたことないし、市販の資料でもおざなりですね。

時々、「旅団司令部を廃止して師団→連隊とすると、
師団長を中将から少将に降格しないといけなくなっちゃうんだからっ!
人事的に難しいんだからっ!!」とか考えたのかなぁ、なんて思うのですよ。

WWII敗戦後、何かの間違いで日本陸軍が生き残ればそうなったのかなぁ。

>>245
アメリカ、ドイツ、ロシアあたりはないっぽいです。
というか、編制関係の資料見てても、
WWII時に大隊→連隊ときて旅団(歩兵団)→師団という国は日本以外ではあまり見ないような……。

252 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 00:22:29 ID:???
>>251
あ、ごめんなさい。自己レス。
歩兵団司令部の人数、何げにNiehorster先生のサイト見てたら50人とありますね。
前に別の資料でそのくらいの人数で出ていたもので、それを念頭に書きました。

よって、
》歩兵団司令部の人数(時期によって異なるようですが、8名前後)からすると、
》資材とかスタッフの面で上級司令部を置く、という意味合いではないような。小さい文字

は撤回します。

>>248
連隊砲と同じように扱うつもりだった(無線・有線での観測は行わない)のかも。

>>250
これは他の欧米諸国と比べれば、そう言われてもしょうがないでしょう。
砲兵ではないけど、クックスの「ノモンハン」にも(第2巻かな?)
「歩戦共同と言われていたが、実際にその訓練をしたことはなかった」との趣旨の証言もありますし。

253 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 00:25:18 ID:???
つーか旧陸軍はFOを歩兵部隊に随伴させるっていう考え方なかったの?

254 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 00:25:55 ID:???
平時の三単位師団(一号軍備時)の歩兵団の定数は32名と馬6頭

255 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 00:28:25 ID:???
師団によっては、歩兵団直属の兵力が多少あるみたいですね。
たしか開戦時の第38師団なんかは、歩兵団軽装甲車中隊をもっていたような。
おなじみ米軍マニュアルでも、捜索連隊の代わりに歩兵団に装甲車隊を持っているものがある云々

256 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 00:36:54 ID:???
>>252
>歩戦共同と言われていたが
混成第1旅団解体して戦車団という流れに関して、よく出てくる話ですよね。
せっかく作った諸兵連合兵団を、ばらして純粋戦車部隊にしちゃったのは良くなかったとか、
貧乏所帯を考えれば、仕方がなかったとか。

257 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 00:49:47 ID:???
4単位から3単位にして師団を増設したは、いいが、連隊では諸兵科連合部隊を運用できず
旅団司令部要員を流用し歩兵団司令部を立ち上げたと言う事でしょうか?

ここいら辺の話題にはあまり明るくないのですが、参考になる書籍で良い物はあるでしょうか?

259 名前:ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 01:02:05 ID:???
>>253
軽敏な通信手段が確保できないような。

というか、大戦後期のアメリカ軍のように各大隊に観測班が張り付いて、
砲兵等の支援を受けられるというのは他の国と比べても贅沢な状態なのではないかと。

>>254
どうもすみません<(_゙_)>

261 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 01:57:39 ID:???
>WWII時に旅団を多用した軍隊

日本の他には、英軍と独軍がありますねー。
ただし英軍は旅団の下は大隊になるので、連隊に近い組織です。

英歩兵旅団
旅団本部
 ライフル大隊x3(各大隊=ライフル中隊x4/各中隊=ライフル小隊x3)
で師団から常態的に対戦車中隊、通信中隊、軽対空部隊、他支援部隊が配属されていたようです。

英機甲師団(初期)
 重機甲旅団→重戦車連隊x3
 軽機甲旅団→軽戦車連隊x3
 支援群   →騎兵砲連隊/軽対空・対戦車連隊/歩兵大隊x2

英機甲師団(44)
 機甲旅団      →戦車連隊x2、自動車化歩兵大隊x1
 自動車化歩兵旅団→自動車化歩兵大隊x3
 砲兵群

ただし英軍の連隊はほぼ大隊規模で3個中隊からなっています。

で独軍ですが、初期の1939編制の装甲師団が
1個戦車旅団(2個戦車連隊)と1個自動車化歩兵旅団(歩兵連隊x2、オートバイ化歩兵連隊x1))
(この時期、まだ擲弾兵じゃなくて歩兵w)を運用してます。

あと両国は独立旅団も多用しており、軍直轄部隊に保有してたりしたようです。

262 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 02:13:36 ID:???
>257
参考になる書籍があったら私も欲しいですねー。
現状、私はあちこちの記述を集めて、そこから推測してるだけなので…orz

独や米は資料が多いのですが…
日本は戦記は多くても、1冊にまとまった歩兵編制解説の良い資料には出会ってません…
(まあ、日本軍は専門外というか…私は欧州戦メインなので、そこまで資料捜索も資金も廻らない…orz)
(機甲は何冊かありますが…)

あと英軍もまとまったのが欲しいのですが…学研がWWIIシリーズあたりで出してくれないかな…
そういえばイカロスがイタリアのを出してたっけ。
買っとかなくちゃ(汗

263 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 03:29:03 ID:???
歩兵団って、大戦中に消滅傾向にありますよね?
海洋師団化したものはもちろん、普通に南方送りになった師団や本土決戦兵団でも。
結果としてあんまり実用性はなかったのかな。
それとも、少将級人材の不足か。

264 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 04:14:56 ID:???
>263
連隊の諸兵科連合の訓練・教育・強化が進み、歩兵団司令部がなくても
連隊で諸兵科連合部隊を十分に編成運用できるようになっていったからじゃないでしょうか?

そうなったら不要ですもん歩兵団。

つまり、歩兵団は4単位から3単位への過渡期における
支隊運用を維持する為の暫定的組織だったんじゃないでしょうか?

平時に数年かけて訓練し移行するならともかく日中戦争、太平洋戦争と戦争しながらの編制替えですから、
いきなり連隊レベルの運用を大きく変更するのは難しいと思います。
そこで旅団の暫定代行として歩兵団を1つ残しておき、支隊編成するときに不便がないようにする。
で時間がたって連隊の教育が進めば、少しづつ解隊して連隊司令部を補強したり増設部隊のコアにとか…

そんな感じであったんじゃないかと邪推w


265 名前:会話人[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 10:38:35 ID:???
つーか大戦後期には(陸軍なりの考え方で)火力重視になったから。

266 名前:一水戦[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 12:25:44 ID:???
>>258
 そだね。うちの伯父も一選抜から班長の初等教育で師団に集合し、砲兵科に
教育で行った時「15榴の操砲訓練を歩兵砲程度に考えていたが、まったく別
物だった。」と言っていた。

267 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 12:32:05 ID:???
歩兵部隊に配属された砲兵は何をするの?

268 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 12:39:33 ID:???
>256
んー、でもその考え方だと、火力統制能力があれば、歩兵団でも良いことになります。
(通常、師団司令部で主力の2個連隊を率い、歩兵団が1個連隊を核に配属を受け戦闘団を編成するはずなので)

この場合の問題点は、歩兵連隊司令部が建制の部隊以外の指揮管制能力があるのか?ないのか?
(諸兵科連合の部隊運用能力の可否)
が一番のポイントになってくるのでわ?

で戦局の進展により、師団の3分割運用、つまり連隊規模での分割の必要性が増えてきて
従来の2分割運用思想の編成方式では難しくなり、連隊の指揮能力の強化が図られたのではないかと。

そうなると歩兵団の持つ諸兵科指揮能力を連隊側で持つようになれば、
歩兵団もなくなると。

で、もともと3単位編制を行った時点で、軍としては3分割運用を考えてたと思うのですよ。
そこで歩兵団はもともとから移行期の暫定的組織ではなかったのか?

という論を提唱してみるですよ。私は。

うーん、旧軍専門コテの第一総軍氏の最近の常駐スレ知ってる方いますか?

269 名前:ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 12:42:39 ID:???
>>268
》で、もともと3単位編制を行った時点で、軍としては3分割運用を考えてたと思うのですよ。
》そこで歩兵団はもともとから移行期の暫定的組織ではなかったのか?

ワタシもそうなんじゃないかなぁ、と。
いきなり廃止だと、ポストの問題になりますから。

総軍先生、召還しましょうか?w

270 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 12:46:00 ID:???
>267
歩兵砲は歩兵部隊に対する直協の火力支援
直射による敵火点の撃破とか
戦線の歩兵に張り付いて直射を中心に戦闘参加するのが基本です。

歩兵部隊に配属された榴弾砲などの本格的砲兵は
後方の砲兵陣地から間接射撃で、配属先へ専任的に遠距離火力支援を行うのが基本です。

基本的に戦闘距離が大きく違うのですよ。

272 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/12/24(日) 13:01:54 ID:???
あんまり関係ない話ですが、今の米陸軍の師団の場合、師団長補という形で
准将が二人つきますね。作戦と補給とかに別れて師団長の見習いをしたりする
感じだそうですが。

例えば第1歩兵師団の場合、今は2個旅団がイラク治安部隊訓練チームの訓練機関
に転用されているんですが、ここの師団長補の一人はイラクにいて治安訓練チーム
の長をして現地で得た知見を即座に本国での訓練にフィードバックする態勢を
とっているとのことでした。

273 名前:Lans ◆EDLansNRRQ [sage] 投稿日:2006/12/24(日) 14:03:42 ID:???
>272
その師団長捕(または副師団長)は、米軍が4単位から3単位に移行した時に設けられたそうです。
同時期に4単位から3単位に移行したフランス軍も同様の地位を用意したようです。

最初に3単位に移行した英軍が、そのような事をあまり行っていないのが興味ぶかいですが…
これはWW1での緊急の師団増設に直接関連するので、師団長の大幅な増勢が付随しており、
多数の昇進もある必要であった為と、慢性的な人材不足が重なって、あまり問題にはならなかったのでしょう。

で、その移行期を乗り切ったあとは、そのまま行けば良いんだし。
スポンサーサイト
プロフィール

crimson_icicle

Author:crimson_icicle
軍事戦略・戦術を勉強中、まる

記事は追加・修正することが多々あります。
大きく追加・修正した場合はtwitterで通知(手動)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。