スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編制上の火力の基準

軍板住人ならこんなの簡単だよな 第2戦術教官室
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1231637057/


918 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/09/24(木) 00:56:54 ID:???
編制上の火力の基準って何だろう。
中隊では重火器と迫撃砲の数だろうけど
連隊以上においては純粋に砲兵のみ?
その場合何を基準にするのだろう?
一定時間内における砲弾の量とか?
ロケットで短時間に大量に弾を投射するのもあるし
というかその場合直射火力はどこに?

929 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/24(木) 20:54:19 ID:???
>918
編制上の火力の基準は
1)主要戦闘部隊を直接支援するDS砲兵
2)対砲兵戦や、敵後方を砲撃するGS砲兵

これが基礎になります。
この規模は大抵、支援側の1ランク下。これが師団~中隊・小隊までの基準
(中隊、小隊の場合、砲兵というより重火器部隊となりますが、役割はDS砲兵と似たようなもの)

部隊内の砲数などは若干違いますが、このあたりは各国の運用方針次第。

これに対空や対戦車を本部で2ランクほど下の部隊を直轄し
状況に応じ、指揮化の主要戦闘部隊に分割配属

ちなみにロケットは大抵の場合軍団(方面隊)~師団のGS砲兵の位置づけ

930 名前: 【army:2768】 名無しロサ・カニーナ ◆HiIyB3Xw.2 [ sage] 投稿日:2009/09/24(木) 20:59:09 神 ID:???
 1haあたり、3分以内に、1立方メートルあたり、致死性の破片が1個散布する密度を達成できる射撃を
行い得る火力。これが、旧軍の砲兵大隊の火力基準ですた。
 今の基準が、どうなのかは、Lansちんに聞いてくださいまし。

931 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/24(木) 21:02:37 ID:???
最小では分隊(班)の

MG(もしくはSAW)=DS砲兵
ATM(もしくは無反動砲)=GS砲兵

これを小隊、中隊、大隊、連隊と拡大して対応する部隊を見ていけば判りやすいかと。
そして、火力の基準も平均が見えると思います。

部隊に比べ大きすぎる火力(部隊)は近接戦闘部隊とのバランスが崩れ
部隊の規模に対して兵站所用が急増し、作戦機動力を低下させ部隊自体の行動を制限する羽目に…
(相対的に相手の同級部隊に火力で勝っても機動力に劣る羽目に…)
(持久中心ならともかく、作戦機動力の低下はおおきなハンデになりかねませんので…火力が高けりゃいいってもんじゃないと)

932 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2009/09/24(木) 21:07:30 ID:???
>930
いやあ、最近のは国毎に差が大きすぎてですねw
基準を見出すのが困難になってきてると思うのです。
(独立砲兵の派遣多用や、砲兵火力の機動運用とかもさかんですから)

なので物理的基準で考えるより、運用的に考えた方が規模や基準は理解しやすそうです。
(そこから各国の方向性も見出せますし)
スポンサーサイト
プロフィール

crimson_icicle

Author:crimson_icicle
軍事戦略・戦術を勉強中、まる

記事は追加・修正することが多々あります。
大きく追加・修正した場合はtwitterで通知(手動)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。