スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L編制2007

この記事は『【L編成Mini(2003年頃)】編制スレでの反応』の続きです。

陸戦部隊の編成・編制・編組について語るスレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1159261012/


651 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:28:48 ID:???
さて、まとめて見ましたよ ネタ2007

編成にはは2007

現状の問題点
 ・装備、人員の削減による師団としての機能不全
 ・編制の専一化による汎用性の欠如
 ・戦車数激減による前線機甲戦力の破綻

対処案
 ・作戦単位の減勢はさけ、最拡大の基礎を保存する。
 ・現有戦力の平均パッケージ化する事による機動運用の汎用化
 ・機甲師団能力を保持しつつ機甲戦力の全国分派による初動機甲戦力の確保

想定能力
 ・各方面隊地区において増強1個師団の着上陸に抗堪し増援を持って撃退する。
 ・各方面隊地区において2~3箇所のコマンド浸透に対し方面隊単独で早期撃退体制をとる。

652 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:29:42 ID:???
北部方面隊
 普通科旅団x3
 機甲旅団x2
 特科群x1
 高射特科群x1
 飛行隊x1
 施設団x1
 普通科予備連隊(教育&予備役管理)
 方面支援群x1

機甲旅団1個は当初の反撃戦力として運用、
その間に機動師団司令部化に各地の機甲旅団を集結し機動打撃。

653 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:30:20 ID:???
東北方面隊
 普通科旅団x2
 特科群x1
 高射特科群x1
 飛行隊x1
 施設団x1
 普通科予備連隊(教育&予備役管理)
 方面支援群x1

機甲旅団を持たないが、有事には北海道の2個機甲旅団、関東の教導団の増援を受けやすい位置

(師団指揮下で統合運用)

654 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:31:05 ID:???
東部方面隊
 普通科旅団x2
 特科群x1
 高射特科群x1
 飛行隊x1
 施設団x1
 普通科予備連隊(教育&予備役管理)
 方面支援群x1

機甲旅団を持たないが富士の教導団および空挺団の予備投入が容易。
それを初動反撃戦力とし各地からの機甲旅団を移転し師団司令部指揮により機動打撃


655 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:31:48 ID:???
中部方面隊
 普通科旅団x3
 特科群x1
 高射特科群x1
 飛行隊x1
 施設団x1
 普通科予備連隊(教育&予備役管理)
 方面支援群x1

機甲旅団を持たないが富士の教導団予備投入が容易。
それを初動反撃戦力とし、各地からの機甲旅団を移転し師団司令部指揮により機動打撃

656 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:32:26 ID:???
西部方面隊
 普通科旅団x3
 機甲旅団x1
 特科群x1
 高射特科群x1
 対戦車ヘリ隊x1
 施設団x1
 普通科予備連隊(教育&予備役管理)
 方面支援群x1

有事には1個機甲旅団を初動反撃戦力としつつ、
各地からの機甲旅団を移転し師団司令部指揮により機動打撃


657 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:33:05 ID:???
直轄予備
 機動師団司令部x1(北海道…第7師団司令部&直轄部隊)
 空挺旅団x1(習志野)
 海上機動旅団(四国…第2旅団)
 戦車教導団x1(富士)
 即応連隊x1(関東)
 コマンド連隊(九州…西普連)

658 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:33:43 ID:???
普通科旅団(13個旅団)
 普通科連隊x3(普通科3中隊/重迫撃砲1中隊/対戦車1中隊)
 戦車大隊x1(3中隊編制…11輌編成)
 特科連隊x1(4中隊編制)
 各種直轄部隊


機甲旅団(3個旅団)
 戦車大隊x1(3中隊編制…11輌編成)
 機械化連隊x1(機械化3中隊/重迫撃砲1中隊/対戦車1中隊)
 自走特科大隊x1(3中隊編制)
 各種直轄部隊(自動車化)

659 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:34:21 ID:???
空挺旅団(1個旅団)
 空挺連隊x1(4中隊編制)
 空中機動連隊x1(4中隊編制)
 空挺特科大隊x1(3中隊編制)
 ヘリ連隊x1
 攻撃ヘリ中隊x1


海上機動旅団(1個旅団)
 普通科連隊x2(普通科4中隊/重迫1中隊/対戦車1中隊)
 戦車隊x1(2中隊編成)
 特科大隊(3中隊編成)
 各種直轄部隊

660 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 01:39:51 ID:???
軽いですよねー。
まともな着上陸侵攻を受けたらひとたまりもないです。
あくまでも数個師団による重戦力の本格的着上陸侵攻が無いと開き直ったものですので…
(でも、一応限定的着上陸対処能力は保持)

も一度書いておきますが、私は本来
甲師団12個、機甲師団1個クレクレ君なのですよ。

でも、このまま減勢が続いたら…
今度こそ本当になりませんように…

661 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/03/24(土) 09:47:59 ID:???
ソ連軍の師団人員が米独の師団に比べてやたらと少ないのはどこを省いたの?

662 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/03/24(土) 10:09:09 ID:???
>>661
後方支援一般

663 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 12:50:59 ID:???
>ソ連軍
ソ連軍の場合、手持ちの戦力と補給で、いけるとこまで突進。
損害増加や補給がなくなり、それ以上の進撃が難しくなったら、
後続の第2悌団が進撃の鈍った第1悌団を超越して前進継続。

で第1悌団は再編成、再補給に入る。
つまり、補給の追送があまり無いわけです。
(師団自身の後方支援が薄くてよい)

さらに戦車中隊や機械化歩兵の車両など10輌中隊、指揮官車の1輌
アメリカなどの場合は中隊14~16輌、本部車両も2輌

このように、各中隊/小隊の規模が少しづつ小型。
下級部隊の規模が小さいと、師団レベルでの人数に大きく響きます。

で下級部隊が小さいと、機動性は上がるものの(つまり戦力集中が容易)
損害許容量が減りますが、そこは前述の超越前進でカバーです。

ソ連軍は大軍というイメージが強いので意外に思う人も多いかもしれません。
しかし、ソ連はその分、作戦単位数が多くなっており、総体でみると大軍になる訳です。

(敵1師団のところに3~4個師団で攻撃すれば、1個師団は小さくても全体では圧倒、しかも上記の無停止攻撃で超越前進)
(これが雪崩のようなスチームローラーの正体)

OMG!OMG!

664 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 13:13:31 ID:???
>対ソ連軍
このスチームローラーに対し、戦線正面での遅滞行動+側面からの機動打撃で対抗しようとしたのが、
70年代~80年代前半NATOのアクティブ・ディフェンスです。

簡単にいうと第3次ハリコフ戦。
正面の遅滞を西独軍や派遣英米軍が行ってる間に、米本土から来援した機甲師団が機動打撃を狙います。

しかし、この方法だと、せっかく機動打撃して第1悌団を撃破してる間に、ソ連の第2悌団(OMG)が超越前進して
戦力目標を攻略して負けちまうんじゃね?

という問題が出てきて、それに対抗してエア・ランド・バトルへと教義が進化します。
これはアクティブ・ディフェンスの改良とも言えるもので、敵第2悌団と補給組織を、航空阻止、長距離ミサイル攻撃などで
超越前進前に暫減させておき、機動打撃も積極的に第2悌団を目標にするものです。

これはソ連第1悌団の継戦体制の弱点を突いたもので、どうせ第1悌団は補給が続かないし、
遅滞に徹して力尽きさせてしまおう、で、その間に超越前進用の第2悌団と同時に補給組織を破砕。
そうすれば、第1悌団もどうしようもなくなる。

しかしエア・ランド・バトルで本当に第1悌団が止まったのか?
もしかしたら第2悌団は止まっても、その分、第1悌団への攻撃が減る訳ですから、
第1悌団だけで押し切られてしまう可能性はなかったのか?

結果は幸いにも歴史のIFの彼方です。

だから厳密にいうと、イラク戦争とかは厳密には本来のNATO正面で考えたエア・ランド・バトルじゃなくて、
エア・ランド・バトルで想定した運用を侵攻作戦に応用したものと私は思っています。

あれ?いつのまにか戦術スレ向きの話にw

665 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/03/24(土) 13:54:07 ID:???
>>658
それ規模的に大隊戦闘群orz

666 名前:Lans ◆xHvvunznRc [sage] 投稿日:2007/03/24(土) 15:09:57 ID:???
>665
よく、総括的に戦車減らせ、兵員減らせとか言われてますが…
じゃあ実際に減らしたら、実質このくらいになるよっていう一例ですよ。

ほら、1万人減らしました、戦車300輌減らしましたというより、
改めて編成案にされると、どれだけ少ないか実感できるでしょw

まあ大隊戦闘群と言われても、現実の師団やRCTだって世界標準から見れば実質…orz

下手に師団とか旅団とか言うから一般には、実質規模が判らないんだと思います。
スポンサーサイト

tag : 編成スレLansリンク

プロフィール

crimson_icicle

Author:crimson_icicle
軍事戦略・戦術を勉強中、まる

記事は追加・修正することが多々あります。
大きく追加・修正した場合はtwitterで通知(手動)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。